てんかんで障害基礎年金2級を受給できたケース2

相談者:女性(30代)

傷病名:てんかん

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:300万

 

相談時の状況

小学校の時、初めて意識を失う発作が起きた。高校生の時に発作が再発し、自転車で通学途中に転倒した。以後、月に数回の発作を繰り返す。

 

発作が起きると頭がぼーっとなり、何も考えられず、何も手につかない。就職してからも仕事中に発作が起きて、退職を余儀なくされた。 

 

当センターの障害年金セミナーをお聴きになった方からの紹介でご相談いただきました。

  

依頼から請求までのサポート

初診時の病院が既に廃院となり、初診日の証明が取れませんでしたが、理由書やそれに代わる書類をそろえることで、障害基礎年金の申請が可能となりました。

  

結果

障害基礎年金2級が決定し、加算を含め次回の更新月までの総支給額300万円を受給されることになりました。

 

「一時は申請をあきらめましたが、最後までサポートしていただいて受給が決まりました。とても感謝しています。」と大変喜んでいただきました。

   

← 受給事例一覧に戻る


あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金無料相談キャンペーン 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です 簡易1分受給診断実施中 無料診断はこちら