統合失調症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:女性(40代)

傷病名:統合失調症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

次回更新までの年金受取額:約370万円

 

相談時の状況

仕事や人間関係のストレスにより、勤務中も誰かに見張られたりしているとの妄想や幻聴がでてきた。

メンタルクリニックを受診し治療を続けていたが、主治医が亡くなり病院も閉院した。治療が中断し症状は悪化した。約1年後別の病院にて治療を開始したが、症状は治まらず日常生活にも支障をきたすようになっていた。家族が障害年金の申請を試みたが、手続きが複雑であったため申請を断念し、既に15年が経過していた。ご家族が当センターのチラシをご覧になり、障害年金の申請についてご相談いただきました。

 

 

依頼から請求までのサポート

初診から15年以上が経過し、既に病院も閉院していたので、初診日の証明は困難を極めました。

初診日の証明の代わりとなる第三者証明も、該当する方もなく取れませんでした。

現在通院中の病院のソーシャルワーカーとも何度も打合せを行い、カルテに前の病院での治療歴が記載されていることが判明しました。

初診日の証明や第三者証明は取れなかったものの、当時の受診を裏付ける様々な資料を添付することでなんとか請求することができました。

 

 

結果

障害厚生年金2級の認定で、次回の更新までの年金受取額が約370万円となりました。

一度はあきらめていた障害年金の受給がスムーズに決まり大変喜んでいただきました。


あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金無料相談キャンペーン 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です 簡易1分受給診断実施中 無料診断はこちら