脊柱管狭窄症 一覧

腰部脊柱管狭窄症、頚髄症により、初めて2級による障害厚生年金を受給できたケース

相談者:男性(50代) 傷病名:腰部脊柱管狭窄症、頚髄症 決定した年金種類と等級:初めて2級による障害厚生年金 年金受取額:135万円 相談時の状況 4年前、右半身に痺れの症状が出るようになり、仕事にも支障をきたすようになった。 近くの整形外科を受診、検査の結果、腰部脊柱管狭窄症、頚髄症と診断された。手術が必要とのことで総合病院を紹介され、転院後、頸椎と腰椎の手術を相次いで受けた。 続きを読む

広範脊柱管狭窄症、変形性手関節症で 基礎年金2級を受給したケース

相談者:男性(60代) 傷病名:脊柱管狭窄症、変形性手関節症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:154万円 相談時の状況 常に手足のしびれや腰痛に悩まされ整形外科を受診、検査の結果 広範脊柱管狭窄症との診断。 腰痛が強くなり、腰椎の手術を受けた。リハビリを続けたが症状は良くならず、手首や足首の関節の骨にも変形が生じ、痛みがひどくな 続きを読む

まずはお問い合わせ0749-25-3737

滋賀障害年金申請センター障害年金受給事例

障害年金無料診断キャンペーン

平日~土9:00-20:000749-25-3737メールは24時間受付中