この記事を書いた人

関口 俊也
関口 俊也

社会保険労務士 関口俊也(せきぐち としや)

当事務所では彦根市、近江八幡市を中心に滋賀県全体において、障害年金に関する幅広いサポート依頼に対応しております。

親切、丁寧を心がけ、親身にサポートさせていただきます。まずはお気軽に、お問合せのお電話、メールをお寄せください。心よりお待ちしています。

広範脊柱管狭窄症、変形性手関節症で 基礎年金2級を受給したケース

相談者:男性(60代)

傷病名:脊柱管狭窄症、変形性手関節症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:154万円

相談時の状況

常に手足のしびれや腰痛に悩まされ整形外科を受診、検査の結果 広範脊柱管狭窄症との診断。

腰痛が強くなり、腰椎の手術を受けた。リハビリを続けたが症状は良くならず、手首や足首の関節の骨にも変形が生じ、痛みがひどくなった。

たび重なる手術や治療を続けるが症状は改善されず、日常の生活にも支障をきたしていた。一度ご自身で申請されたが、不支給の決定であった

年齢的にも今回の申請が最後の機会であり、是非とも受給をしたいとのことでご家族の付き添いでご相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

前回申請時の診断書の控えを拝見したところ、やはり症状が軽く書かれており、病歴・就労状況等申立書も日常生活に支障きたしている旨の記述が不十分でありました。

今回、新たに診断書をとり直し、主治医とも相談させていただいて症状を正確に反映した診断書を作成していただきました。

病歴・就労状況等申立書についても、日常生活に支障のある状況等を、ご本人から聴き取りしたものを反映しました。

結果

障害基礎年金2級の認定で、次回の更新月までの総支給額154万円の受給が決まりました。最後のチャンスで受給が決まり本当によかったです。ご家族ともども大変喜んでいただきました。

※事後重症による障害基礎年金は、65歳に達する日の前日まで(65歳の誕生日の前々日まで)の期間内に申請しなければなりません。       

老齢基礎年金を繰り上げて受給した場合も、65歳に達したとみなされ申請することができなくなってしまいますのでご注意ください。

もしかして障害年金受給し忘れているかも・・・?
と思われた方がいらしましたら、下記問い合わせフォームへご記入ください!
初回相談は無料です。お待ちしております♪

問い合わせフォーム

お名前※必須
年齢※※必須
メールアドレス※必須
電話番号※必須
傷病名
初診日(わかる範囲で構いません)
お問い合わせ内容


<<<受給事例一覧に戻る

その他の受給事例

関節リウマチで障害基礎年金2級を受給できたケース

広範脊柱管狭窄症、変形性手関節症で 基礎年金2級を受給したケース

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

混合性結合組織病(膠原病)で障害厚生年金3級を受給できたケース

間質性肺炎で障害厚生年金3級を受給できたケース

変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

感音性難聴で障害基礎年金1級を受給できたケース

頚椎症性脊髄症で障害厚生年金2級を受給できたケース

パーキンソン病で障害厚生年金2級を受給できたケース

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「脊柱管狭窄症」の記事一覧

まずはお問い合わせ0749-25-3737

滋賀障害年金申請センター障害年金受給事例

障害年金無料診断キャンペーン

平日~土9:00-20:000749-25-3737メールは24時間受付中