この記事を書いた人

関口 俊也
関口 俊也

社会保険労務士 関口俊也(せきぐち としや)

当事務所では彦根市、近江八幡市を中心に滋賀県全体において、障害年金に関する幅広いサポート依頼に対応しております。

親切、丁寧を心がけ、親身にサポートさせていただきます。まずはお気軽に、お問合せのお電話、メールをお寄せください。心よりお待ちしています。

腰部脊柱管狭窄症、頚髄症により、初めて2級による障害厚生年金を受給できたケース

相談者:男性(50代)

傷病名:腰部脊柱管狭窄症、頚髄症

決定した年金種類と等級:初めて2級による障害厚生年金

年金受取額:135万円

相談時の状況

4年前、右半身に痺れの症状が出るようになり、仕事にも支障をきたすようになった。

近くの整形外科を受診、検査の結果、腰部脊柱管狭窄症、頚髄症と診断された。手術が必要とのことで総合病院を紹介され、転院後、頸椎と腰椎の手術を相次いで受けた。

リハビリ治療の後、職場に復帰し、立ち仕事を続けていたが、勤務に耐えられず退職した。下肢を使う日常生活動作は、非常に困難となった。当事務所のホームページをご覧になりご相談をいただきました。  

※「初めて2級による障害厚生年金」とは、厚生年金保険の被保険者期間中に初診日のある傷病(基準傷病)による障害と基準傷病の初診目までに既にある傷病と併合して、初めて1級または2級に該当する障害の状態になったときに、支給される年金をいいます。

依頼から請求までのサポート

主治医とも相談させていただき、頸椎および腰椎それぞれの症状による障害について、発症時期や症状等、詳しく診断書を作成していただきました。診断書は、肢体の障害用 様式第120号の3を添付しました。

結果

認定まで時間がかかったものの、初めて2級による障害厚生年金の支給が決定し、年金受取額は135万円となりました。

障害年金が受給できることになり、ほっとしましたと喜びのご報告をいただきました。

<<<受給事例一覧に戻る

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「脊柱管狭窄症」の記事一覧

まずはお問い合わせ0749-25-3737

滋賀障害年金申請センター障害年金受給事例

障害年金無料診断キャンペーン

平日~土9:00-20:000749-25-3737メールは24時間受付中