脳・血管疾患 一覧

小脳出血で障害厚生年金 3級を受給できたケース

相談者:男性(50代) 傷病名:小脳出血 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 遡及額:約240万円 支給月から更新月までの総支給額:約360万円 ・相談時の状況 約3年前、自宅で入浴中に頭痛やめまいを起こして倒れてしまった。異変に気付いた妻が発見して、救急車を呼んでくれた。搬送中に意識を失い、搬送先の病院で、緊急手術を受けた。 約2か月間、入院治療を受け、その後、 続きを読む

脳性麻痺で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(20歳) 傷病名:脳性麻痺 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 年金受取額:78万円 相談時の状況 仮死状態で出生。蘇生措置を受け、約1ヶ月入院した。1歳頃でも片言も発せず、伝い歩きができなかった。下肢の尖足があり、2歳頃よりリハビリを開始、理学療法、作業療法を受けた。療育教室にも通い、言葉や知的発達上の支援も受けていた。 小学校は特別支援学級に通級 続きを読む

脳出血による上下肢機能障害で障害年金2級を受給できたケース

相談者:男性(40代) 傷病名:脳出血による上下肢機能障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級→2級 支給月から更新月までの総支給額:240万円(増額分) 相談時の状況 脳出血の後遺症で左半身に麻痺があり、ご自身でされた裁定請求の結果は 障害厚生年金3級の通知が届いた。 障害の程度は、歩行もゆっくりとしかできず、階段の昇り降りも非常に困難でした。 上肢にも日常 続きを読む

脳出血で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者:女性(40代) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級  支給月から更新月までの総支給額:約420万円 ・相談時の状況  10年前、入浴後に脳出血の発作を起こし倒れ、発見が遅れ遷延性意識障害(植物状態)となった。急性期病院を経て、現在も療養型病院に入院中。 ご主人が奥様の障害年金を申請するため、医師に肢体障害の診断書の作成を依頼したとこ 続きを読む

脳出血で障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者:男性(50代) 傷病名:脳出血 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 支給月から更新月までの総支給額:544万円 相談時の状況 仕事中に突然の冷や汗、嘔吐、後頭部に痛みを訴え意識を失って倒れた。救急搬送後CT検査で脳出血を認め、緊急開頭手術を行う。術後も左半身に強い運動障害が残った。 構音障害、嚥下障害のため、気管切開しカニューレ挿入、胃ろうでの栄養摂取を余 続きを読む

まずはお問い合わせ0749-25-3737

滋賀障害年金申請センター障害年金受給事例

障害年金無料診断キャンペーン

平日~土9:00-20:000749-25-3737メールは24時間受付中