関節リウマチで障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者:女性(50代)/自営業

傷病名:関節リウマチ

決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級

支給月から更新月までの総支給額:約240万

・相談時の状況

約10年前から手や足が痛み、腫れる等の症状がでてきた。そのうち治るとしばらく我慢していたが、症状がひどくなり近くのかかりつけの病院を受診したところ、血液検査で関節リウマチであることが判明した。

その後専門の病院に紹介転院して、リウマチの治療を続けた。しかし、徐々に関節が破壊され、手や足の指の変形が進んだ。歩行や日常生活動作にも支障をきたすようになったが、自営業が忙しく通院治療も滞りがちだった。

当センターのホームページで障害年金が申請できることをお知りになり、ご相談をいただきました。

・依頼から請求までのサポート

手足の指の変形、筋力低下等障害の状態や、日常生活上の困難さを綿密に聴き取りさせていただき、参考資料として主治医に情報提供しました。

主治医とも面談させていただき、障害の状態をしっかりと反映した診断書を作成いただきました。

・結果

障害基礎年金1級の受給が決定し、次回の認定までの総支給額は約240万円となりましました。

受給できるか心配されていらっしゃいましたが、無事に1級の認定がされて、大変喜んでいただきました。

問い合わせフォーム

お名前※必須
年齢※※必須
メールアドレス※必須
電話番号※必須
傷病名
初診日(わかる範囲で構いません)
お問い合わせ内容

<<<受給事例一覧に戻る

その他の受給事例

関節リウマチで障害基礎年金2級を受給できたケース

広範脊柱管狭窄症、変形性手関節症で 基礎年金2級を受給したケース

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

混合性結合組織病(膠原病)で障害厚生年金3級を受給できたケース

間質性肺炎で障害厚生年金3級を受給できたケース

変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

感音性難聴で障害基礎年金1級を受給できたケース

頚椎症性脊髄症で障害厚生年金2級を受給できたケース

パーキンソン病で障害厚生年金2級を受給できたケース

「関節リウマチで障害基礎年金1級を受給できたケース」の関連記事はこちら

まずはお問い合わせ0749-25-3737

滋賀障害年金申請センター障害年金受給事例

障害年金無料診断キャンペーン

平日~土9:00-20:000749-25-3737メールは24時間受付中