両網膜色素変性で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(40代)

傷病名:両網膜色素変性

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:510万円

・相談時の相談者様の状況

6年程前から見えにくい感じがあったが、日常生活上は特に不自由さを感じていなかった。

3年程前に会社の健康診断で、精密検査を受けるよう指摘があり、眼科を受診したところ、網膜色素変性症の診断を受けた。

徐々に物につまずいたり、ぶつかったりすることが多くなった。夜間も夜盲で見えなくなり、1人では夜間の外出ができなくなった。

自家用車で通勤することも困難になり、仕事中に機械に人差し指を挟み骨折する怪我を負った。仕事を続けることが困難になり退職することになった。

日常生活全般に著しく支障が生じており、障害年金の受給について相談するに至った。

・依頼から請求までのサポート

網膜色素変性症の方は、症状が徐々に進行するため病歴が長いことが多く、初診証明が最大の難関です。丁寧なヒアリングと諦めない姿勢で、当時の状況確認をすることが大切です。

病院への受診録の確認を粘り強く進めていき、何度も問い合わせた結果、当時の資料がようやく見つかり、厚生年金での請求が可能になりました。

・結果

障害厚生年金2級の受給が決定し、次回の更新月までに500万円の受給が決定しました。

まさか、年金が受け取れるとは思っていなかった。初診が十年以上も前のことなので  一時は諦めていたが、障害年金の受給が決定し、大変感謝されました。

<<<受給事例一覧に戻る

眼の疾患による受給事例

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

緑内障で障害厚生年金2級を受給できたケース

平日~土9:00-20:000749-25-3737メールは24時間受付中