大腸がんで障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者:男性(50代)

傷病名:大腸がん

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

次回更新までの年金受取額:約360万円

相談時の状況

数年前から健康診断で潜血反応があり要精密検査の指示を受けていた。

仕事が忙しく医療機関の受診を先延ばしにしていたが、ある朝、
血便があり急いで総合病院を受診。検査の結果、大腸がんと診断された。

仕事を休職して入院し患部の切除手術を受けた。
退院後も通院により抗癌剤治療を続ける。

仕事に復帰するものの、抗癌剤の副作用等により
全身の倦怠感や易疲労性で仕事を軽減しなければならない状態だった。
当センターホームページをご覧になり、障害年金を申請できるのかとご相談を頂きました。

依頼から請求までのサポート

体の状態や、就労状況ンなど、十分に聴き取りをさせていただき、

医師への診断書の作成依頼、病歴・就労状況等申立書の作成を進めました。
患部の障害や副作用による全身倦怠の状況など、
いかに労働に制限が必要な状態であるかを具体的に記載しました。 

結果

請求が認められ、障害厚生年金3級の認定が決まりました。
次回更新までに約360万円を受給できる見通しとなり、
生活の不安も少しは解消され、治療にも専念できると、ご家族ともども喜んでいただきました。

<<<受給事例一覧に戻る

癌による受給事例

胃の摘出手術後の後遺症で 障害厚生年金3級を受給できたケース

大腸がんで障害厚生年金3級を受給できたケース


あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金無料相談キャンペーン 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です 簡易1分受給診断実施中 無料診断はこちら