自閉スペクトラム症・注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(20代)
傷病名:自閉スペクトラム症・注意欠陥多動性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
遡及額:約58万円  支給月から更新月までの総支給額:約240万円

相談時の状況

小学校入学の頃から友達とのコミュニケーションが築けず、クラスでいじめられるようになった。
高学年になるとじっとしていられず、多動気味なところが目立ってきた。
授業で言われることが分からない、家族とのコミュニケーションが難しくなってきた。
中学2年生の時に病院の発達外来を受診、発達障害の特性を指摘され、以後通院治療を続けてきた。
専門学校を卒業後就職出来ず、自宅に引きこもるようになった。
物音に敏感で、感情コントロールが難しく、日常生活における身のまわりのことも多くの援助が必要である。

依頼から請求までのサポート

病歴・就労状況申立書では、出生時から現在に至るまでの病状や日常生活でのしんどさなど、時間をかけて丁寧に聴き取りをさせていただきました。
「発達障害」で障害年金を請求する場合、病歴・就労状況申立書の作成は出生時から現在までの記載が求められます。

結果

障害基礎年金2級の認定で、20歳の誕生日までの遡及が認められ、遡及額約58万円、更新月までの総支給額約240万円の受給がスムーズに決まり大変喜んでいただきました。


あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金無料相談キャンペーン 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です 簡易1分受給診断実施中 無料診断はこちら