うつ病で障害厚生年金3級から2級に額改定できたケース

相談者:男性(50代)/無職

傷病名:うつ病

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級から2級へ額改定

受給額:3級 約60万→2級 約160万円(加算分含む)

・相談時の状況

30年来のうつ病を患い、休職、復帰を繰り返しながら、会社勤務を続けてこられました。うつ症状が再発して休職が長引き、当センターがご支援させていただき障害厚生年金3級が決定しました。

さらに1年後、症状が悪化して不眠や強い不安感を訴え、勤務も困難となり退職に至りました。

身の回りのことも手につかず、自室にこもる状態が続きました。

・依頼から請求までのサポート

心配された奥様からご相談をいただき、ご本人と面談のうえ、額改定を申請しました。

・結果

障害厚生年金3級から2級への額改定が認められ、支給額が約60万円から約160万円(加算分含む)に増額となりました。退職後の経済的にも不安の大きいなか、少し安心できたと喜んでいただきました。

<<<受給事例一覧に戻る

 

お問い合わせはこちらから

うつ病での障害年金の申請は当事務所にお任せください。まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
メールが届かない場合がございますので、電話番号の入力をお願いします。
年齢(必須)
お住い(必須)
傷病名(必須)
お問い合わせ内容(必須)
その他の方は下記に記入ください
ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。
送信する

精神疾患による受給事例

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

双極性障害(躁うつ病)で障害厚生年金2級を受給できたケース

双極性障害(躁うつ病)で審査請求が認められたケース

てんかんで障害基礎年金2級を受給できたケース

脳動静脈奇形、てんかんで障害基礎年金2級を受給できたケース

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

精神発達遅滞(知的障害)糖尿病で障害基礎年金2級を受給したケース

妄想性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

ダウン症候群による精神遅滞で障害基礎年金2級を受給できたケース

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「うつ病」の記事一覧

まずはお問い合わせ0749-25-3737

滋賀障害年金申請センター障害年金受給事例

障害年金無料診断キャンペーン

平日~土9:00-20:000749-25-3737メールは24時間受付中