双極性障害(躁うつ病)で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:女性(50代)/無職

傷病名:双極性障害(躁うつ病)

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:200万

・相談時の状況

事務職で就労していたが、憂うつ気分やイライラ、不眠が続くようになった。躁状態では、仕事をがむしゃらに頑張り、心身ともに疲弊した。

症状がひどく仕事も続けられなくなり退職。当センターのポスティングチラシを見て、
自分も障害年金が申請できるのかと相談に見えました。

・依頼から請求までのサポート

これまでの病状や日常生活にいかに支障があるのか、時間かけてじっくりと聴き取りをさせていただきました。

まとめたものを主治医にも提供し、診断書を作成するうえでの参考にしていただきました。それにより、本人の病状や障害状態、日常生活においての支障など、正確に反映した診断書や病歴・就労状況等申立書が作成できました。

・結果

障害厚生年金2級の受給が決定し、次回の認定までの総支給額は200万円となりました。障害年金を知らなければ受取れなかった。

 受給が決まりほっとしたと、喜んでいただきました。

障害年金の受給するポイントはいかにご本人の病状や、障害の状態、日常生活状況など

正確に反映した書類が作成できるかです。

<<<受給事例一覧に戻る

精神疾患による受給事例

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

双極性障害(躁うつ病)で障害厚生年金2級を受給できたケース

双極性障害(躁うつ病)で審査請求が認められたケース

てんかんで障害基礎年金2級を受給できたケース

脳動静脈奇形、てんかんで障害基礎年金2級を受給できたケース

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

精神発達遅滞(知的障害)糖尿病で障害基礎年金2級を受給したケース

妄想性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

ダウン症候群による精神遅滞で障害基礎年金2級を受給できたケース


あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金無料相談キャンペーン 障害年金は多くの人が受給できる可能性のある年金です 簡易1分受給診断実施中 無料診断はこちら